<< 日本補完代替医療学会 | main | 飛蚊症って知ってました? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
言葉を紡ぐということ
 
今日は、「言葉を紡ぐ」ということについて書いてみます。

別な言い方をすれば、「言葉を生む」という作業です。


こんな仕事をしているといろいろと文章を書く依頼があります。

依頼内容の多くは、「もの」「こと」「」に係ること。

「もの」でいえば、商品の紹介やトリートメントの内容など、形のあるものを対象とした文章。

「こと」は、サロンの紹介や企業の取り組み、あるいは、「形」にするためのコンセプトメイキングなど。

「人」は分かりやすですよね。人物をフューチャーしたものです。


それぞれの文章で書き方は異なりますし、構成ももちろん異なります。


取材が必要なものもあれば、すでにある資料をもとに肉付けしていく場合もあります。

文章を作る作業は、それぞれ異なりますが、根本のところは一緒です。

「もの」でも「こと」でも「人」でも、言葉によって表現し、伝わるようにして行く作業そのもの。


伝わりやすいように言葉を選び、つなげていく作業が、文章づくりなのです

伝えるために、伝えやすい言葉を選ぶこと―それが言葉をつなぐということです。

難しく表現するのか、やさしく表現するのかによっても使う言葉が変わってきます。



どちらにしても最も大切にしたいことがあります

「もの」にしても「こと」にしても「人」にしても、そこにはかかわっている人がいるということです

その人たちの思いが存在するのです。

その思いを聞き出して、それを言葉に落とし込む作業こそが、文章作成の冥利とも言えますし、最も苦労する点です。


私もよくそこで筆が止まってしまいます。

「どう表現するのか」を突き詰めて自分なりの答えが見出せた時、「文章が文章として成り立つ」と考えています。

だからこそ、同じ「もの」「こと」「人」について書いても、書き手個々の表現方法によって、様々な文章が生まれてくるものです。

私たちの書く文章が「自動翻訳機」のように、機械によって画一的になってしまったら、文章に「味」が失われてしまいますよね。
| エセラコラム | 10:53 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
スポンサーサイト
| - | 10:53 | - | - | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://e-thera.jugem.jp/trackback/290
トラックバック

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

ブログランキング

MOBILE

qrcode

LINKS

SPONSORED LINKS

RECOMMEND

SEARCH